古着の上手い選び方について

img-1

古着は、選び方を失敗やすい面があります。

上手い古着の選び方にはポイントがあります。
まず、お店の照明を確認することです。

店の照明が薄暗いと、はっきりとした色の判断ができません。

店内で気に入った色でも、外で着てみると色合いが変わっていることも少なくありません。よって古着を買う店は、自然な光が入った店を選ぶようにします。


次に、穴やシミがないか注意することです。

お店によっては、穴が空いていることを表示していますが、よく見ないと分からない小さな穴が空いていることがあります。中には自分で塞ぐことが難しいものや、数回着ただけで穴が広がって着られなくなるものがあります。見栄えも悪いので買う前にチェックすることが大切です。
ニオイは洗濯することで気にならない場合が多いです。
また、着まわしができるか考えます。古着の魅力の一つは、海外でデザインされたものなど、他とかぶらない個性があることです。

結果として、コーディネート術が広まっていないので、着こなしが難しくなります。


可愛いと思っても、手持ちのアイテムと合わない場合は購入しないようにします。
店員にコーディネートのアドバイスをもらってから自分に似合うか考えるのも良いです。
比較的着まわしが簡単なのが、シャツです。

多くの古着屋で珍しいシャツが豊富に揃っています。


春や秋には1枚シャツを着て、少し寒い時期にはニットのインナーに最適です。

シンプルなシャツを選べば、一年中着まわせます。
古着を楽しむ方は多くなっています。


買ったことがないという方にとっては汚いイメージであったり、着古したものではないかと感じるかもしれませんが、そんな事はなくしっかりと選ぶことで思いもよらない美品を手に入れる事が可能です。

まず楽しみ方としては、古着を選ぶことからスタートです。

一般的な服屋に比べて変わったアイテムも多くなっていて、店ごとに一店しかない物ばかりなので、店を回れば回るほど多くの服に出会うことが出来、一期一会だという楽しみもあります。また、古着を選ぶ際にもサイズ感を重視するかデザイン性に重きをおくかで分かれるのではないでしょうか。


一つしか手に入らないため、買うかどうかで迷うのではないでしょうか。悩んだ時には、値段以外で迷う事がなければ買うことがお勧めです。

古着はその時にしか手に入らないものばかりですので、タイミングをみて購入する事が理想だと言えるでしょう。

実際かなり安く購入出来るので気にせずに買ってしまうかもしれませんが、それが出来るのも楽しみと言えます。
特に、服はシーズンごとに変えたい方は予算を低く出来ますのでお勧めといえます。
金銭感覚を身につけて、得か損かを見極める能力も身につけることが出来ます。古着だからこそ、気軽に購入したり、幅広いアイテムから自由に選ぶことが出来ます。


周囲の人に差をつけるファッションが出来るのも魅力と言えますし、個性的なアイテム選びを楽しんでみては如何でしょうか。

















関連リンク

img-2
リサイクルショップを上手に活用しよう

家の中で、もう要らなくなったもの、買ったのは良いけど使わなかった物などが眠っていませんか。その他にも、いただいたのは嬉しいけれども、趣味に合わなかったり、サイズが合わなかったりして、捨てるのもしのびなくて、物置の隅っこなどに忘れられている、という物がどこのご家庭にもあるのではないでしょうか。...

more
img-2
リサイクルショップの便利な活用方法に関して

リサイクルショップと呼ばれるジャンルのお店が増加傾向にあります。それぞれのお店では独自に規定というものを設けていることがありますが、使い方によっては非常に便利に活用することができ、無駄を省いてお得な生活を送るためには役立つ存在とされています。...

more
top